Q1 PS/2接続で106フルキーボードを接続しているシステムに、「CUT Key Pocket」を接続したところ、記号等の入力が正常にできません。また、前から接続していたフルキーボードからも記号等が正常に入力できなくなってしまいました。システムはWindows 2000を利用しています。
Q2 「CUT Key Pocket」は、Windows NT4.0 のシステムで使用する事ができますか。



PS/2接続で106フルキーボードを接続しているシステムに、「CUT Key Pocket」を接続したところ、記号等の入力が正常にできません。また、前から接続していたフルキーボードからも記号等が正常に入力できなくなってしまいました。システムはWindows 2000を利用しています。
Windows 2000では、稀に日本語106/109USBキーボードを接続後に、英語101/102キーボード配列で動作する事があります。これは、Windows 2000のシステムが接続したUSBキーボードを、プラグ アンド プレイでそのモデル名の認識に失敗した場合に、そのキーボードを汎用HIDキーボードデバイスとして取り扱ってしまうためです。Windows 2000の既定では、このHIDキーボードデバイスに対して英語101/102キーボード配列が指定されています。また、Windows 2000のシステムは、1つのキーボード配列しか使用しないため、再起動後に接続されている総てのキーボードが英語101/102キーボード配列で動作してしまいます。
おそらく、ご質問のケースはこの問題により、発生したものと考えられます。

(回避策)
システムのプロパティにあるデバイスマネージャーから、次の手順によりドライバを「日本語 106/109 キーボード」に変更してください。
・ デバイスマネージャーのキーボード部分に表示されている「英語 101/102 キーボード」をダブルクリックします。(「日本語 106/109 キーボード」と表示されている場合もありますが、その場合も再度ドライバを変更してください。)
・ 表示された窓の[ドライバ]タブを選択し、[ドライバの更新]をクリックします。
・ 表示されたウィザードにしたがって「このデバイスの既知のドライバを表示してその一覧から選択する」にチェックをして[次へ]をクリックします。
・ 次に、「このデバイス クラスのハードウェアをすべて表示」にチェックをして、「日本語キーボード(106/109 キー)」を選択して[次へ]をクリックします。
・ ウィザードにしたがってドライバを更新した後、コンピュータを再起動します。
※この現象は、「CUT Key Pocket」に限らず、市販のUSBキーボードやテンキーを接続した場合に、起こり得る可能性があります。


「CUT Key Pocket」は、Windows NT4.0 のシステムで使用する事ができますか。
残念ですが、基本的にWindows NT4.0 のシステムで「CUT Key Pocket」は使用できません。これは、Windows NT4.0 のシステムがUSBのデバイスをフォローしていないためです。したがって NT の環境で「CUT Key」をご利用いただくには、PS/2仕様の「CUT Key VC−101」をご利用いただくか、OSのシステムをWindows 2000 にバージョンアップしていただくしかありません。ご承知のようにWindows 2000 は別名 NT5.0となっています。
※稀にですが、Windows NT4.0のシステムでも「CUT Key Pocket」がご利用になれる場合があります。これは、ご使用のコンピュータメーカー等がUSBポートに対するデバイスドライバを独自に作成し搭載している場合です。しかしながら、Windows NT4.0 が正式にフォローしている訳ではありませんので、完全な動作を保証するものではありません。



Copyright (C)Yoshiya Kato ALL RIGHTS RESERVED.