■バータッチによる効率入力
文字キーには、文字・数字・記号が配置されていますが、スタイラスペンで短い線を引くようにドラッグすると、その方向の文字・数字・記号が、モードを変えずに入力できます。この入力方法を“バータッチ”と呼びます。バータッチの始点は、各キーのどの位置でも良く、終点はそのキーから出てもかまいません。
次の入力例は、入力する文字・数字・記号の下に、バータッチする方向を矢印で示しました。


Copyright (C)Yoshiya Kato ALL RIGHTS RESERVED.